« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

五ヶ月経ちました

1314623367482.jpg
昨日で、娘が五ヶ月になりました。
あっという間の五ヶ月でした。
毎日毎日手探り子育て。
どんどん大きくなって、表情でてきて、動き回るようになった娘ちゃん。
面白いし、楽しいし、勉強になったり。
もちろん大変で、へこたれそうだったり、寝不足だったり、泣いてる理由がわかんなくてパニクることもたくさんですけどね。
自分も少しは、成長してるかな、母親として…bleah
もう少ししたら、離乳食を開始する予定です。おっぱいだけで育った娘ちゃんが、スプーンでモグモグするのかと思うと、楽しみでなりませんheartああ、ワクワクheartheartheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

謎解きはディナーのあとで


O0209030061laioupdol_sl300__2

謎解きはディナーのあとで


借りたきっかけ:

装丁が好きな中村祐介さんだったことや、本屋大賞受賞で話題だったので気になっていたこの本。

感想:


執事の毒舌具合がたまらないってことで、人気らしいけど…
正直期待はずれかな。

話は短いし、読みやすいけど、主人公にも執事の影山にも「金持ちを隠しているお嬢様刑事」「執事だけど現場に行かなくても聞いただけで、難問解決できる執事」以外の要素が見当たらない。
装丁の絵があるから、まだいいけど、それがなかったら人物を想像するための情報が乏しい気がした。
事件本来のほうは、容疑者、被害者、関係者の真意とか伝わらない。(解決してもあくまで執事 影山の想像だし)

頭を使わないミステリーだなぁ、すこし。謎自体、実はそんなん難しい謎じゃないし。

これを読む前に東野圭吾とか読んじゃってたから、よけいに内容の薄さ、人物像の人間味、謎の難しさ、人間の心理とかがなくて物足りなかったなぁ。

まぁ、軽く読むライトミステリー小説だと思えばいいのかな

おすすめポイント:
軽く開いた時間に、頭を使わず簡単に読める


謎解きはディナーのあとで


著者:東川 篤哉




謎解きはディナーのあとで

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »